バリ島最大の石窟遺跡グヌン・カウィ

バリ島最大の石窟遺跡グヌン・カウィは、11世紀頃に作られたもので、ヒンドゥー教以前の遺跡と言われています。もっとも現在ではヒンドゥー教の寺院として利用されていますが。

グヌン・カウィは谷底なので数百段もの長い階段を下ります。帰りはこれを登り返すことになります。

グヌン・カウィは谷底なので数百段もの長い階段を下ります。

でも下っていく両側は、棚田が広がる美しい風景で、飽きることはありません。

田園風景

岩山を掘りぬいた門を抜けるとグヌン・カウィです。

岩山を掘り抜いた門

これは王妃の陵墓。と言っても、実際の墓ではなく、記念碑のようなもののようです。

王妃の陵墓

王の陵墓は谷を挟んだ反対側にあります。下の写真はわかりにくいですがパノラマになっており、木が多い真中に谷が流れていてその向こうに王の陵墓、右はじは対岸に渡る橋です。画像をクリックすると拡大写真が見れます。

グヌン・カウィのパノラマ

対岸にはヒンドゥー教の寺院が作られています。

グヌン・カウィ寺院

石窟への入り口。ここへ入るには靴を脱ぎます。本来ヒンドゥー教の遺跡ではないはずですが、今でも神聖視されているようです。

グヌン・カウィ石窟への入り口

中にはインドのエローラ寺院のような、岩から掘り出した建物があります。スケールではエローラと比較になりませんが、インドの影響が見られる、ということのようです。

岩から掘り出した建物

王陵。

王陵

他のグヌン・カウィの写真はこちらにあります。さらなるグヌン・カウィの情報はこちら。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。