滋賀県松尾寺遺跡

滋賀県米原市醒ヶ井地区の松尾寺山の上にかつてあった松尾寺。その起源は平安時代にまで遡るとされています。天台宗の寺として僧兵も抱え戦国時代には栄えていましたが、織田信長の比叡山焼き討ちに先立ち、尾張美濃から比叡山に向かう途中にある天台宗の寺として、比叡山に先立って織田信長によって焼き討ちされた歴史もあるとか。

その後、再建されたものの、次第に勢力が衰え、昭和に入ってから廃寺となり、本堂は朽ち果てました。現在松尾寺は、本堂だけが麓醒井の養鱒場近くに再建され、本尊などが安置されています。

山の上には本堂や鐘撞堂などの礎石や、重要文化財の九重石塔が残り、かつての栄華をしのぶことができます。松尾寺遺跡の訪問記はこちらに詳しく記してあります。

松尾寺九重石塔
松尾寺九重石塔

各務原市 野口館跡

ある時何気なく岐阜県各務原市のあたりをGoogle Mapで見ていると、「野口館跡」というのを見つけました(ここです)。館跡ですから、どなたかのお屋敷のあとかと思って調べてみると、「中世の城」「土塁と堀が残る」などなど。うん?これは戦国時代前の砦のようなものではないですか。

周辺の山々には山城の跡が数多くありますが、野口館跡があるのは完全な平地。かつては畑地の中だったように思われます。今は宅地化が進んでしまっていますが。

最寄りの名鉄駅から歩いて30分弱。現地に行ってみると立派な堀と土塁が。思ったより大きな土塁です。でも、現在も個人宅として使用されており、堀の外側少し離れて柵が設置されているため近づいて詳細に見ることはできません。

文化財などに指定もされていないようで、案内板らしきものも皆無です。各務原市のサイトだと、「野口町中世館跡」として、文化財保護法上の「周知の埋蔵文化財包蔵地」(いわゆる遺跡)となっているとのこと。しかし、地権者の同意が得られず、文化財指定がされないままであるとか。惜しいですね。

野口館跡
野口館跡

岩村城跡

岩村城は岐阜県恵那市岩村にある日本三大山城の一つです。天守閣などはまったく残っていませんが、中世の雰囲気を残す岩村の集落の上にそびえる山に、美しい石垣が残っています。

山頂近くまで車で行くこともできますが、頑張って下から登るルートをお勧めします。一時間くらいでしょうか。石畳の道は結構急ですが、とても雰囲気のあるハイキングになると思います。まだ幼稚園児の次男にはちょっときつい坂でしたが。

岩村城跡

岩村城跡

岩村城跡

岩村城跡

岩村城跡

岩村城の歴史はこちらを参照してください。

一乗谷朝倉氏遺跡

この記事は家族で行った山中温泉の記事の続きです。

山中温泉の散策を終えてから車で一乗谷を目指します。一乗谷は織田信長に滅ぼされた戦国武将、朝倉氏が居城を構えていたところで、美しい山間の谷間に近年発掘された遺跡があります。非常に興味深いところで一度訪問されることをお勧めします。

一乗谷朝倉氏遺跡 甦る乱世の夢 一乗谷朝倉氏遺跡 甦る乱世の夢¥ 3675 

戦国城下町の考古学―一乗谷からのメッセージ 戦国城下町の考古学―一乗谷からのメッセージ
¥ 1529 

これは今も残る庭園のあと。400年以上を経て今なお石組みや池が残っています。大きなヤマモミジの木がアクセントになっていますが、これは自然に生えてきたもののよう。

池や水路にはおたまじゃくしがたくさん。息子は庭園よりもおたまじゃくしに夢中です。

こちらが朝倉の屋敷のあと。堀と土塁に囲まれた中に、礎石ややはり庭園の石組みのあとが残っています。

もう少し歩いて見たい気もしましたが、6月の日差しは強く、そこそこにして次の訪問地の敦賀気比神宮に