ペルーの遺跡

このコーナーでは南米ペルーの遺跡や文化を紹介します。ペルーを訪れたのは1986年のことですから、写真もかなり劣化し、現地の状況もかなり変わっていることと思います。旅行される方は最新の情報を得るようにお願いします。

有名な世界遺産マチュピチュをはじめ、クスコなど、ペルーはインカ帝国の中心地でしたから、数多くのインカ遺跡が残されています。また、博物館も見ごたえがあります。

それ以外にもナスカの地上絵など、プレインカの遺跡も存在しています。残念ながらナスカを訪問することはできませんでしたが、紹介しているパチャカマ遺跡もプレインカに遡るものです。

ペルーの遺跡メニュー

パチャカマ遺跡
 ペルーの首都、リマの南方30キロのところにある、紀元600年頃の神殿遺跡。


サクサイワマン
 インカ帝国の首都クスコ郊外に広がる城砦の遺跡。インカの王がスペインに対して抵抗を試みた場所でもあります。


マチュピチュ
 マチュピチュは数ある世界遺産の中でも人気は筆頭。知らない人は多分いない、インカ帝国最後の都市。1911年に発見されるまで忘れ去れていた神秘の遺跡です。

オリャンタイタンボ
 ウルバンバの谷にある遺跡。大きな石を使った神殿があり、砦とも言われています。


Sponsored Link
.
Copyright© 遺跡と歴史の旅. All rights reserved.